採用活動を代行してくれるサービス、会社が存在します。このような採用代行業者に採用活動を依頼すれば当然お金がかかりますが、採用に関する手間を省くことができます。これらの企業は採用に関するノウハウがたくさんあります。それは採用活動そのものだけではなく、会社訪問などにおいても同様で、話を聞いてみるだけでも自社の手法の見直しにも役立つかもしれません。このノウハウを活用して採用活動につなげても良いでしょうし、また地方企業にとって東京まで出張ってくるのは、費用・時間という点で大きな負担になります。そこだけでも代行サービスを利用すれば、効率よく良い人材を集められる可能性が高まります。企業にとっては良い人材を獲得することが何より大切なので、目先の費用だけにとらわれず、いろんな選択肢を考えてみることが大切ではないでしょうか。

採用代行を利用する最大のメリット

短い時間の中で、人を総合的に判断することは非常に難しいものです。特に企業面接では、応募者は自分を少しでもよく見せようとしてきますので、その人の欠点を探すのはとても困難です。採用担当者が採用面接に長けている人であれば問題ないのかもしれませんが、やはり、少しでも人と話すことで、余計な情が生まれてしまう場合もあります。この様に面接採用は主観を入れず、冷静な判断で行わなければならないのです。そこで近年では外部の採用代行を行う会社に面接業務をアウトソーシングしている企業が多くあります。面接代行のメリットは面接時に面接官の全ての業務がストップしてしまわない事、客観的判断ができるという点です。企業側には非常にメリットが有るシステムで、これを利用する事で優秀な社員を選別しやすく、社員採用リスクを大幅に減らすことができると言えます。

採用代行業者に依頼すると採用業務が楽になる

企業の発展には優秀な人材が欠かせません。しかし求人を出し、入社試験や面接を行なってようやく入社した人材が定着せずにすぐに辞めてしまうことがよくあります。これは企業や求職者の間にゆき違いなどがあり、雇用のミスマッチが生まれるからです。思っていた通りの勤務内容ではなかったとか、会社の雰囲気が自分に合わない気がするなどです。このような求人に関する様々な業務や雇用のミスマッチを防げるのが採用代行です。募集活動や一次面接などの求人に関する業務を任せられるだけではなく、求職者からの労働条件に関する相談も受け付けています。会社の採用担当者には遠慮があって色々な質問が出来ない場合にも、採用代行業者には聞きたい事を質問できます。結果求職者が求めている事が明確になるので、採用されてからのミスマッチが起こりにくくなり定着率が高まるのです。

Leave a comment:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です